© Copyright mageaumAll Rights reserved.

Search
  • Vigneshwara/Georgi

Life Water


Road sign with Cyrillic and English

ブルガリアも他のヨーロッパ圏の国々同様、水道水は硬水。飲めないことはないけど、水道管も古くほとんどの人はお店でお水を買う。

それでも山の多い国のおかげで、様々な場所で湧き水を汲める場所がある。私たちがいつも水を調達にくるのが、ヤンボルから約7kmの場所にある「カビレ」という小さな村。

We use water from a natural spring in a close village called Kabile, ancient Thracian sanctuary, where is about 7km from our city Yambol.



iconic wall painting of Kukeri

この村の誇りは、トラキア時代の古代都市の遺跡と、春を祝うお祭り「クケリ」で優れたパフォーマンスをする有名なグループ。

Kabile is famous for its group for Kukeri, traditional Spiring ritual with folk dresses, ritual costumes, decorated masks and musical instruments, etc.



中心部の公園の中にひっそりと湧き水が文字通り「溢れ出て」いる。

ブルガリアでは、常に流れのある場所にある湧き水を「life water/生きている水」、一度でも池・ダム・タンクなどに貯められた水を「dead water/死んでいる水」と呼ぶ。

In the corner of the park, spring water is running quietly but endlessly.

In Bulgaria, running/flowing water like in a liver is called "life water/жива вода" and still water/unflowing water is called "dead water/мъртва вода".



「絶え間ない変化」は生命の根本的な性質であること、現象世界にあらわれる何一つ、同じ状態で止まれないということを、昔のひとはきっと体感的に自然から学んでいたんだと思う。

People used to know by living with nature that, life is a spontaneous and ever-changing flow.



ブルガリアをドライブすると、こんな景色が果てしなく続く。

自然の中で生きることは決して簡単ではない。それでも、不思議と体や意識が「あるべき場所に戻ってきた」って感覚が湧き上がる。自我というちっぽけな存在が、この世界にもてあそばれ、翻弄されてはじめてわかること。

そう、この世の一切は「リラ」、神々の一瞬の戯れ。

Endless horizon in Bulgaria.

It is then that we see clearly how small we are in the grand scheme of low of nature.

This world is "Lila", playground of the gods, a natural outflow or a spontaneous self-manifestation of the Divine.


#lifewater #lila #Kabile


mageaum

Bulgarian and Japanese traveling Yoga teachers couple, based on classical Hatha Yoga teaching.

Where?

Our current location is...

Oneness Yoga Studio

Yambol, Bulgaria